2016.11.17 2016.11.17

ウィジェットの設定が反映されない?そんな時のエクスポートプラグイン

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人
しんまい君

しんまい君 元ネットワークエンジニア。WordPressのカスタマイズを主に担当。
難しそうな顔をするのが得意。福島県南相馬市出身。好きなものは柴犬。

phpMyAdminからエクスポートしたWordpressデータファイルをインポートしたのに、ウィジェットの設定が反映されなくて困った。そんな時に使える無料プラグイン「Widget Importer & Exporter」をご紹介します。

Widget Importer & Exporter

 

ウィジェットエクスポートプラグインWidget Importer & Exporterのインストール

一般的なプラグインと同じ方法でインストールできます。
プラグインディレクトリーからダウンロードした後サイトにアップロードするか、ダッシュボード内の「プラグイン」からインストールします。ダッシュボード内のプラグインから「Widget Importer & Exporter」と検索すると表示されます。
Widget Importer & Exporterのインストール

 

インストールボタンをクリックし、プラグインを有効化すると、ツールに「Widget Importer & Exporter」が表示されます。ここからウィジェットのエクスポートとインポートが行えます。

プラグインの設定ボタン

 

プラグインの画面は以下のキャプチャの通り非常にシンプルです。
操作に迷うことはないでしょう。

プラグインの画面

 

ウィジェット設定のエクスポート

ウィジェットの設定をエクスポート(出力)したい場合は「Export Widgets」をクリック。エクスポートファイルは「.wie」拡張子形式です。TeraPad等のテキストエディターで表示、編集可能です。

 

ウィジェット設定のインポート

ウィジェットの設定をインポート(入力)したい場合は、読み込みたいファイルを選択した後「import Widgets」をクリック。設定に関してオプション項目はありません。インポートすると、読み込んだ反映されたウィジェットの一覧とその反映結果が表示されます。緑の文字で「Imported」は、問題なくウィジェットの設定が表示されていることを意味します(下記画像参照)。

ウィジェット設定のインポート

 

オレンジ色で「Widget already exists」であれば、すでにウィジェットが存在していることを意味します。

プラグインの設定画面

 

 

ウィジェットの設定を別サイトにインポートする際の注意点

プラグインを使いウィジェットの設定をエクスポート&インポートする手順は、今回ご紹介した通りかなり簡単です。ですが、運営しているサイトからエクスポートしたウィジェットの設定をバックアップのサイト等、異なるワードプレスサイトにインポートする際には注意が必要です。

同一のテーマを事前に有効化する

コピーサイトにウィジェットの設定を反映させる場合、コピー元(運用しているサイト)となるサイトで使っているテーマを使いましょう。ウイジェットはテーマごとに仕様が異なります。同一のテーマを使っていない場合、ウィジェットの設定を反映させることは出来ません。

また、同一のテーマであっても異なるバージョンではウィジェットの仕様が子なる場合があります。必ず同じバージョンのテーマを有効化した状態でウィジェットの設定をインポートしましょう。

同一のプラグインを事前に有効化する

運用しているサイトで使っているサイトと同じプラグインをコピー先のサイトで事前に有効化した後、ウィジェットのインポートを行うという順番が重要です。

例えばWelcartプラグインを使っているサイト。Welcartプラグインを有効化すると、Welcart固有のウィジェットが利用可能になります。このプラグイン固有のウィジェットをコピー元で使っている場合、コピーサイト側で事前にWelcartを有効化する必要があります。

 

プラグインのウィジェット

 

ウィジェットのインポート前に、テーマ同様に同一バージョンのプラグインを有効化しましょう。全てのプラグインが対象ではなく、ウィジェットの生成に関連のあるプラグインが対象です。

 

参照パスの変更は自動ではありません

テキストなどのウイジェットを使い、画像やリンクの参照に絶対パスを使っている場合は、インポートする前のファイルを修正するか、インポートした後にマニュアルで参照パスを編集しましょう。

ウィジェットの出力について画像やリンク要素の記述に絶対パスを使っている場合、そのままのパス構造となります。

 

なぜウィジェットの設定をコピーできないのか?

さて、そもそもなぜバックアップデータからウィジェットの設定を復元できないかについて説明します。phpMyAdminを使うとウィジェットの設定がデータベースに保存されていることを確認できます。もちろん出力したmysqlファイルにもウィジェットの設定は含まれています。

読み込みの段階で、特定の状況下でウィジェットの設定を読み込めない事象が発生します。特定の状況下とは、エクスポート元のサイトと、インポート元のサイトのドメイン(URL)のバイト数が異なる環境です。例えばエクスポート元のドメインがoriginal.com、インポート先のドメインがcopy.comとすると4バイトの違いがあります。このバイト数の違いが影響しています。(参照:Why is my database import losing text widget data?)。

同じバイト数をもつドメイン環境であればウィジェットの設定は反映され、異なる環境であれば反映されないのです。同一ドメインでサーバーの移行のみを行うようであれば問題ありませんが、バックアップサイトを作成するような場合は、ウィジェットの反映のためひと手間かかることを忘れずに。

 



LINEで送る
Pocket



この記事の関連記事