公開日:

wpX Speed上のWorPressで「古いデータベースサーバー」と表示される

以下の解決方法です。

  • wpX Speedで運用しているWordPressのサイトヘルスで「古いデータベースサーバー」と表示された!

wpX Speed上のWorPressで「古いデータベースサーバー」と表示された場合の解決方法

今回のコラムは、とあるお客様からの依頼され対応内容を調査したものです。

今回の事象と背景

  • XサーバーからwpX Speedに移行した
  • 移行前はサイトヘルスで一切問題なし(改善項目なし)
  • 移行前のXサーバーではMySQL5.7でWordPressを運用
  • 移行にはwpX Speedの公式ツール「WordPress簡単移行」を使った
  • wpX Speed移行後、サイトヘルスで改善「古いデータベースサーバー」が表示される(以下画像)
  • データべースが移行前のMySQL5.7からMariaDB5.5になっている

 

「サイトヘルスステータス」
サイトヘルスチェックは、注意を払うべき WordPress 設定と項目についての重要な情報を表示します。

1件のおすすめの改善
古いデータベースサーバー
SQL サーバーは、WordPress がサイトのコンテンツや設定を保存する際に使用するデータベースとして必要なソフトウェアです。最適なパフォーマンスとセキュリティのため MariaDB バージョン 10.0 以上を推奨します。ホスティング会社に相談して修正してください。

 

解決方法はデータベースのアップグレード?

サイトヘルス上で確認できる改善は、データベースをWordPressの要件に変更することです。

要件

 

WordPressの要件は以下の通りです。

要件

  1. PHP バージョン 7.3~
  2. MySQL バージョン 5.6 ~。もしくは MariaDB バージョン 10.1~
  3. HTTPS(SSL対応)

 

今回は②のデータベースMariaDB5.5を、MariaDB10.1にアップグレードすることをサイトヘルスは改善項目として表示しています。wpX Speedを提供しているエックスサーバーでも同じような事象がある場合、管理画面上からデータベースの移行が簡単に行えます(エックスサーバーに限らず、さくらインターネットでも同様のツールが提供されています)。

サイトヘルスで古いデータベースと表示された場合の解決方法

wpX Speedに古いデータベースサーバーの件を問い合わせてみた

wpX Speedの管理画面上から操作できるメニュー、マニュアルを見たものの、該当する項目が見つかりませんでした。エックスサーバーだと、データベースのメニューありデータベースの作成やデータベースユーザーの編集、データベースの移行などがあります。

インターネットで調べても該当する情報が見当たらなかったので、直接wpX Speedに問い合わせしてみました。

wpX Speedカスタマサーポートからの返答

wpX Speedでは、簡単移行を利用してMySQL5.7から移行した場合も含め、
データベースはすべて「MariaDB5.5」でございます。MySQL5.7や互換性のあるMariaDBのバージョンへの移行はできません。

今回の事例のように、他のレンタルサーバー会社(正確には同じ会社の別サービス)の変更前にMySQL5.7等のWordPressの要件を満たしていた場合でもMariaDB5.5になるとのことです。

wpX SpeedはXサーバーの中でも、WordPressに特化したサービスとうキャッチコピーを使っていたので、WordPressの要件に満たない環境しか提供していないことに、ちょっと驚きました。

今後のデータベースのアップグレードの予定と、WordPressのサイトヘルスで古いデータベースサーバーと表示されている点について、追加で問い合わせしました。

【質問】今後対応の予定はございますでしょうか?

【wpX Speedからの返答】いずれは対応する予定ではございますが、恐れながら、現時点では具体的な日程等をご案内することはかないませんこと何卒ご了承ください。

【質問】サイトヘルスで「古いデータベースサーバー」と表示されます

【wpX Speedからの返答】ご不便をおかけして大変恐縮ではございますが、セキュリティなど、WordPressの運用面において問題が生じるということはないためご安心いただければと存じます。

以上が、wpX Speedカスタマサポートとのやりとりでした。

  • 古いデータベースサーバーは改善できない
  • いつ改善されるかは未定

お客様の要望には応えることが出来ませんでしたが、レンタルサーバー側の対応待ちだとわかるだけで十分です。
私からの問い合わせにかなり迅速に返答いただいて感謝です。

 

まとめ

残念ながらこの記事を公開した時期ではwpX Speedでは対応できないことが分かりました。

wpX Speedカスタマサポートの返答にあるように、要件に満たないMariaDB5.5でもWordPresは動作します。

実際、今回担当したお客様が運営しているWordPressサイトもwpX Speed上で正常に稼働していました。
wpX Speedを運営しているエックスサーバーは、割とインフラ周りの対応が迅速なのでWordPressのメジャーアップグレード前にはWordPressの要件にあったデータベースサーバーになるかと思います。


人気記事 WordPressサイト向けレンタルサーバー【初心者におススメ】


この記事を書いた人
うくさ

うくさ IT業界歴18年です。当カスタマイズネット所属エンジニア。
ワードプレス、シスコシステムズ社製ネットワーク機器担当。


この記事の関連記事



新着コラム