公開日:

WordPressのプラグインが削除・停止できない【解決】

こんなお悩みがございませんか?

  • 管理画面からプラグインを停止できない
  • 管理画面からプラグインを削除できない

そんな場合の解決方法です。

「プラグインのせいで、WordPressの管理画面が開かない」なんて時にも使える解決方法をご紹介します。

 

WordPressのプラグインが削除・停止できない

WordPress管理画面以外の方法で、プラグインを削除するには以下のパターンの方法があります。

3つの解決方法

  1. コントロールパネルからプラグインを停止・削除(初心者向け)
  2. FTPアクセスでプラグインを停止・削除(中級者向け)
  3. SSHアクセスでプラグインを停止・削除(上級者向け)

 

①レンタルサーバーのコントロールパネルからプラグインを停止・削除(初心者向け)

この方法は初心者向けでお勧めです。
レンタルサーバーのコントロールパネルから必要な作業を行います。

 
WordPressユーザーに大人気のXサーバーで解説します。
他のレンタルサーバーでも同じようなツールを提供していますのでお試しください。

ファイルマネージャにログインします。

プラグインのあるディレクトリーに移動します。

ルートディレクトリーにワードプレスをインストールしている場合、以下が対象のプラグインディレクトリーです。

/サーバー名/public_html/wp-content/plugins/

 

プラグインを停止する手順

移動すると、プラグインの一覧が表示されます。
ここに表示されているプラグイン一覧は、ワードプレスにインストールしているプラグイン一覧です。

停止、または削除したいプラグインにチェックを入れます。
例ではクラシックエディタープラグイン(classic-editor)を選択しています。

画面右手に表示されている「ファイル名の編集」をクリック。

 

適当な名前に変更します。

  • 変更前:classic-editor
  • 変更後:classic-editor_back

画面右手に表示されている「ファイル名の編集」をクリック。

画面右手の「名前の変更」をクリックします。
これで作業完了です。

この作業で、クラシックエディタープラグインが停止されました。

 

プラグインを削除する手順

プラグインを「停止」ではなく、「削除」する方法です。

先ほどと同様にファイルマネージャから作業を行います。
プラグインのディレクトリーまで移動します。

削除したいプラグインにチェックを入れます。
画面右手に表示されている「ファイルの削除」をクリック。

確認の画面が出ますので、間違いがなければそのまま削除。

 

以上、プラグインが削除できました。
 

その他のレンタルサーバーの管理ツールについて

さくらインターネットやロリポップでも、同等のファイル管理ツールが提供されています。
今回紹介した方法と同じように、プラグインの停止・削除が行えます。

レンタルサーバー会社により、操作方法は異なります。この機能を提供していないレンタルサーバー会社もあります。
詳しくはご利用中のレンタルサーバー会社のマニュアルを確認するか、問い合わせしましょう。

 

FTPアクセスでプラグインを停止・削除(中級者向け)

先ほどの「コントロールパネルからプラグインを停止・削除」する方法と理屈は同じです。

FTPでアクセスし、プラグインディレクトリーに移動。

その後、

  • プラグインを停止したい場合 → 対象のプラグインフォルダの「名前を変える」
  • プラグインを削除したい場合 → 対象のプラグインフォルダを「削除する」

 

簡単ですね。

レンタルサーバーの管理ツールでファイルを編集できない場合は、FTPでファイルを操作しましょう。
先ほどの管理ツールと同じ作業が行えます。

レンタルサーバー会社に依存しないので、汎用性の高い解決方法です。

プラグインのインストールディレクトリー

/サーバー名/public_html/wp-content/plugins/

 

SSHアクセスでプラグインを停止・削除(上級者向け)

サーバーにコマンドラインでアクセスし、作業を行う方法です。
作業の内容はこれまで紹介したものと同じです。

 

  • プラグインを停止したい場合 → 対象のプラグインフォルダの「名前を変える」
  • プラグインを削除したい場合 → 対象のプラグインフォルダを「削除する」

 

sshでサーバーにアクセス
ssh サーバー
プラグインのあるディレクトリーに移動する
$ cd ./公開ディレクリー/wp-content/plugins/
プラグインを停止する方法(名前を変更)
$ mv [変更前のディレクトリー名][変更後のディレクトリー名]
プラグインを削除する方法
$ rm -r プラグインのディレクトリー

コマンドライン出来ると、かっこいいですよね!

どうしてもプラグインが削除できない場合!

どうしてもFTPソフトや、レンタルサーバー会社提供のコントロールパネルからプラグインを削除できない場合は、レンタルサーバー会社に削除依頼をするという方法もあります。

Xサーバーさんのマニュアルに「ファイルやフォルダが削除できなくなった場合」という項目があります。
対象フォルダ名と、どこにあるのか(階層)?を通知すれば対応してくれるそうです。

問い合わせ例

例:
ご担当者様

下記のフォルダを削除いただけますでしょうか?
FTP、ファイルマネージャから削除できませんでした。

■対象フォルダのパス
/サーバー名/public_html/wp-content/plugins/** ←削除したいフォルダ

↑自分の運用しているサイトにパスが異なります。

WprdPressプラグインの停止・削除ができないトラブルについてのまとめ

いかがでしたか?
プラグインの停止・削除ができない問題は解決できました?

ほとんどのレンタルサーバーは、管理ツールが提供されていますので、まずはそちらを試してみましょう。


この記事を書いた人
うくさ

うくさ IT業界歴18年です。当カスタマイズネット所属エンジニア。
ワードプレス、シスコシステムズ社製ネットワーク機器担当。


この記事の関連記事



新着コラム