2013.03.18 2016.09.29

All in One SEO Packを任意のカスタム投稿で使えるようにする方法

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人
しんまい君

しんまい君 元ネットワークエンジニア。WordPressのカスタマイズを主に担当。
難しそうな顔をするのが得意。福島県南相馬市出身。好きなものは柴犬。

WordPressの定番プラグイン「All in One SEO Pack」って便利ですよね。
弊社でもお客様向け案件のホームページに利用させていただくケースがあります。

プラグイン名の「SEO」が目につくようで、お客様に「このプラグインを入れるとSEOの効果が上がるんでしょ?」とご質問をいただくケースがよくあります。

答えはNoです。

このプラグインはtitleや、description、keywordといったHTMLコードのMETA情報をページや投稿ごとに設定可能にする為のプラグインであり、これを入れるだけで劇的にSEO効果が上がる訳ではありません。プラグインをインストールした後、各ページで必要な設定を行うことで狙ったキーワードに対してSEOの効果を期待することになります。

All in One SEOですが、標準で固定ページ及び投稿(post)で有効となっていますが、カスタム投稿については設定を有効にしないとカスタム投稿の投稿ページで任意のMETA編集を行えません。All in One SEO Packの設定画面(「設定」→「All in One SEO」)上のオプション項目、「カスタム投稿用のSEO 」にチェックを入れ、下部にある「Custom Post Types for SEO Column Support」より任意のカスタム投稿を選ぶことで設定が有効になります。

All in One SEOの設定

上記手法でカスタム投稿画面でAll in One SEOが表示されない場合、ページ上部にある「表示オプション」をクリックし、「All in One SEO」にチェックを入れると、投稿画面の最下部にAll in One SEOの設定項目が表示されます。

All in One SEO

All in One SEOプラグインを使うことにより、META情報を変えることが可能になりますが、このプラグインを使わず、ページまたは投稿のカスタムフィールド、タグ、カテゴリーといった値をMETAの一部として表示するといったカスタマイズをテンプレートレベルで行うことも可能です。



LINEで送る
Pocket



この記事の関連記事