公開日: 更新日:

Count Per Dayがない?公式サイトでプラグインの配布が停止されました【ガイドライン違反】

サイトの閲覧数数をダッシュボードで確認できるCount Per Dayプラグイン。
わざわざグーグルアナリティクスにアクセスしなくても、気軽にアクセス数を確認できる便利なプラグインとして人気でした。

そんなCount Per Dayの配布がワードプレス公式ディレクリーで停止されました。
いったい何が行ったのか?今後使えるようになるの?といった点についての記事です。

Count Per Dayがない?公式サイトでプラグインの配布が停止されました

2019年10月27日にワードプレス公式ディレクリー上でのCount Per Dayプラグインの公開が停止されました。停止された理由は、「ガイドライン違反」Reason: Guideline Violationだと発表されています。

 

ガイドライン違反(Guideline Violation)って何だ?

ワードプレス公式ディレクトリーに登録されるには、ガイドラインを準拠する必要があります。
ガイドラインに抵触する場合、今回のように公開が停止されます。

Detailed Plugin Guidelines

Detailed Plugin Guidelines

・プラグインは GNU General Public License v2 またはそれ以降のバージョンと互換性があること。
WordPress と同じライセンス (GPLv2 またはそれ以降) の使用を強くお勧めします。

・プラグインは違法行為を行ったり、道徳上攻撃的であったりしてはなりません (その判断が主観的になるということは私たちも理解してはいます)。

・このサイトにプラグインを表示するには、実際に Subversion リポジトリを使用する必要があります。
WordPress プラグインディレクトリはホスティングサイトであり、リスティングサイトではありません。

・プラグインは、ユーザーの許可を明示的に求めることなく外部サイトへのリンクを公開サイトに埋め込んではなりません (例: “powered by” リンク)。

・プラグインは、スパム的ではなくシステムを悪用しないという詳細ガイドラインのリストを遵守する必要があります

 

 

ガイドラインに違反したプラグインはその後どうなるの?

ガイドラインに違反した後は、以下のどちらかとなります。

  1. プラグインの開発者がガイドラインに準拠する(プラグインの再配布有り)
  2. 公開が完全に停止(プラグインの再配布無し)

 

プラグインの開発者がガイドラインに準拠する(プラグインの再配布有り)

ガイドラインの違反内容を確認し、修繕することで再度公開されるパターンです。
例えば違反の内容が、「プラグインの内部ファイルにスパム的な挙動をするものが含まれていた」のであれば、
それを修繕するということです。

 

公開が完全に停止(プラグインの再配布無し)

そのまま放置され、プラグインが公開されないというパターンです。

 

Count Per Dayプラグインは使えるようになるの?

個人的に、Count Per Dayプラグインが再公開されることはないと思います。

ガイドライン違反(Guideline Violation)になったプラグインのページを見ると、2パターンに分かれます。

  1. 開発者情報がそのまま掲載される
  2. 開発者情報が消えている(開発者自ら消した?)

Count Per Day開発者情報は消えていました。このパターンで戻ってくることはちょっと考えにくいです。

 

Count Per Dayプラグインは安全なの?

公開されていた最終バージョンは3.6.1ですが、3.2.2以下のバージョンではXSS(クロスサイトスクリプティング)の脆弱性があります。

https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2019/JVNDB-2019-008044.html

もし3.2.2未満を使っているのであれば停止するか、バージョンアップすることをお勧めします。

Count Per Dayプラグインの最終バージョン(3.6.1)を入手する方法

ワードプレス公式ディレクトリーではありませんが、以下のページでCount Per Day(3.6.1)がダウンロードできます。

https://pluginarchive.com/wordpress/count-per-day

繰り返しになりますが、Count Per Dayはガイドライン違反になったプラグインです。
ガイドラインにどのように違反したかの情報がない状態で、あえてインストールすることはセキュリティーの観点からお勧めしません。

公式に配布されているプラグインであっても問題がある可能性があります。
公式ディレクトリーに新規で登録される場合に、プラグインの構造などをチェックされます。ただし、新しいバージョンをアップロードする際に、同様のチェックはありません。
やろうと思えば、公式ディレクトリーに登録後に不正なコードを意図的に埋め込むこともできてしまうのが現状です。

 

Count Per Dayに代わる閲覧数確認プラグインは?

サイトのアクセス解析といえば、Google アナリティクスが定番ですね。
ですが、手軽にワードプレスの管理画面上でその日のアクセスや、人気記事を確認できるフットワークの軽さがCount Per Dayの利点でした。

私もちょっとした確認であれば、Count Per Dayをさっと見る感じのユーザーでした。無くなるのは惜しい!

そんな私が、Count Per Dayに似てプラグインを紹介します。どれもワードプレス公式ディレクトリーに公開されている無料プラグインです。

Advanced Page Visit Counter

Advanced Page Visit Counter

Simple Post Views Count

Simple Post Views Count

投稿、固定ぺージ、カスタム投稿の閲覧数を一覧ページに表示するプラグイン。
表示形式はCount Per Dayとほぼ一緒。

ただし、その日のアクセス数など、Count Per Dayにあるその他の機能はありません。
どの記事のアクセス数が多いかを把握するならお勧めです。

Easy Post Views Count

Easy Post Views Count

 

Count Per Day配布停止についてのまとめ

Count Per Dayの配布停止は、個人的に非常に残念だなと感じました。
私もCount Per Dayが大好きで、自分のサイトで使っていたプラグインだからです。日々のアクセス数だけでなく、人気の記事を気軽に知ることが出来る点などがブログ運営の励みになっていたからです。

同じような気持ちでこの記事をお読みになっている方もいるかと思います。

ぜひCount Per Dayプラグインには復活してもらいたいです。


人気記事 WordPressサイト向けレンタルサーバー【初心者におススメ】


この記事を書いた人
うくさ

うくさ IT業界歴18年です。当カスタマイズネット所属エンジニア。
ワードプレス、シスコシステムズ社製ネットワーク機器担当。


この記事の関連記事



新着コラム