2016.12.13 2016.12.13

ホテル・宿泊施設サイト用のシンプルな無料予約プラグイン

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人
しんまい君

しんまい君 元ネットワークエンジニア。WordPressのカスタマイズを主に担当。
難しそうな顔をするのが得意。福島県南相馬市出身。好きなものは柴犬。

WordPressではホテルなどの宿泊施設サイトにで導入できるWordPressの無料プラグインがたくさん用意されています。今回は、小規模の宿泊施設向けプラグインを紹介します。機能的に非常にシンプルな為、初期設定や運用が非常に楽なものです。「難しいシステムはいらない。カレンダー上に予約できる日が表示され、その画面から予約が出来るシンプルなシステム」を探しているビジネスオーナー向けです。シンプルであるが故に、もうすこし機能があったほうが良いと感じるかもしれません。

無料予約プラグイン「Booking calendar – Booking System」

Booking calendar - Booking System

有料バージョンも用意されていますが、無料のバージョンでも予約に必要な基本的な機能が用意されているプラグイン。設置は非常に簡単。

  • 1日ごとに予約受付可能な制限人数
  • 1日ごとに異なる料金の設定(例:平日は5,000円、土曜日は10,000円)
  • 予約の受付可否をカレンダーに表示
  • カレンダー上から予約受付(自動返信メール在り)
  • 管理画面で予約状況を確認

無料バージョンを確認する限り、部屋のタイプなどを細かく設定できない。部屋ごとに異なる料金プランがあるホテル向けではない。

予約プラグインの管理画面キャプチャ

予約プラグイン

デモサイト

プラグイン開発者によるデモサイトを紹介します。

予約デモサイト

料金項目が表示されていることから有料バージョンのプラグインを使っていると推測できます。
設定項目の違いはありますが、無料バージョンでも表示形式はほぼ同じです。

 

 

無料予約プラグイン「Booking Calendar」

予約プラグイン

導入が非常に簡単な予約プラグイン「Booking Calendar」。プラグインを有効化し、任意の固定ページまたは投稿にカレンダーを表示させることができます。カレンダー上では予約可能な日が可視化され、カレンダー下部に表示されるフォームから予約申請を行えるシステム。部屋、宿泊プランなどの設定は現行のバージョンではできません。予約申請はメールで管理者に通知され、その内容は管理画面で確認できる仕様です。

この予約プラグインは有料バージョンが提供されており、部屋ごとの料金といった設定も行えるようです。運営する宿泊施設に1つの部屋タイプしかない場合であれば十分無料バージョンで運用できるでしょう。

 

管理画面のキャプチャ

予約システム

 

デモサイト

Booking Calendarプラグイン開発者によるデモサイトを紹介します。

予約デモサイト

デモサイトはユーザーインターフェイスだけでなく、管理画面にもログインできます。

 

 

無料予約プラグイン「WP Simple Booking Calendar」

予約プラグイン

このプラグインも無料、有料バージョンが提供されています。

無料バージョンは「予約受付システム」ではなく、空いている日をカレンダーに表示する機能のみ搭載されています。「予約は電話で受け付け。部屋の空き状況をサイト上に表示したい」そんなビジネス要件に限り使えそうなプラグインです。

 

無料バージョンの管理画面キャプチャ

部屋の空き状況のみを設定するシステムの為、管理画面は非常にシンプルです。部屋の空き状況を選択するだけのシステムの為、ITリテラシーに乏しい管理者でも感覚的に操作できるのは優れたメリットです。
予約システム

 

 

まとめ

さて今回紹介したプラグインはかなりシンプル。悪く言えば、必要な機能が搭載されていないとお感じになったかたも多いかと思います。予約項目として宿泊プラン、オプション項目として食事のプラン、出来れば決済機能も欲しい」といった要件が必要な宿泊施設オーナー様もいるだろう思います。

その一方、PCの操作が難しいといった運用面でお困りのオーナー様には、予約状況が表示されるだけで十分だという場合もあります。自分がWebの作り手だと、どうしても多機能なシステムが優れていると錯覚してしまいますが、シンプルで導入費用が無料のプラグインを欲しているクライアントもいるものです。



LINEで送る
Pocket



この記事の関連記事