2015.09.12 2016.10.04

[飲食店向け]ワードプレスの予約システム無料プラグイン「Restaurant Reservations」

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人
しんまい君

しんまい君 元ネットワークエンジニア。WordPressのカスタマイズを主に担当。
難しそうな顔をするのが得意。福島県南相馬市出身。好きなものは柴犬。

レストランなどの飲食店、美容院・サロン、ホテル、歯科医院など、予約システムの需要はかなり多い。ゼロから予約システムの開発を外注業者に依頼すると、結構な金額になる。そんな中、ワードプレスでは無料の予約システム制作プラグインが多数公開されている。無料にもかかわらずカスタマイズしない状態でもそのまま使えるプラグインが多い。今回は飲食店向けのサイトに導入可能な予約プラグイン「Restaurant Reservations」を紹介します。

レストラン等の飲食店向きプラグイン「Restaurant Reservations」

restaurant-reservations

小・中規模の飲食店向けに使えそうな予約システムプラグイン。シンプルな機能でダッシュボード上からの設定も非常に楽ちん(ただし現行のバージョン1.4.8では英語のみ)。

予約は承認制。つまり、「空き」状況であっても、管理者が承認しない限り予約を受理しないシステム。

予約申請から予約完了までのプロセス

このプラグインで作成した予約システムでどのように予約が完了するかを紹介します。予約が確定する為には管理者の「承認」が必要になるのがポイントです(予約オンラインシステムではなく、予約申請システムといったイメージ)。

  1. 予約希望者が、「日付」を選択。
  2. 予約希望者が、「時間」を選択。
  3. 予約希望者が、「人数」を選択。
  4. 予約希望者が、「予約者情報(名前、メールアドレス、電話番号、備考)」を入力。
  5. 予約システムが、予約者、管理者にメール通知(システム上で予約ステータスが表示)。
  6. 管理者が、承認(予約受理)すると、予約者にメール通知される。

以下は予約の管理画面。
予約申請を受けると、予約時に入力された各データ(予約日、名前、人数、メールアドレス、電話番号、メッセージ)とともに、各予約のステータスが表示される。表示は全ての予約だけでなく、今日分のみ表示といった形式にすることも可能。

予約状況

プラグインで設定出来る項目

カスタマイズを行うことなく、ダッシュボード内から設定可能な点をいくつか紹介します。予約受付可能な日付、時間を細かに設定可能な点が非常に便利です。一般的な定休日以外にも例外的な休み、貸し切り日などで予約を受け付けない日や時間帯について設定できます。

  • 予約人数の上限設定
    予約の際、人数を入力するシステムです。この人数の制限を設定できます。「1人~100人」の間で、任意の人数を設定できます。
  • 日付の表示フォーマット設定
    予約フォーム上に表示される日付のフォーマットを設定できます。
    例:YYYY/MM/DD、YYYY年MM月DD日
  • 時間の表示フォーマット設定
  • 予約フォーマット上に表示される時間のフォーマットを設定できます。
  • 自動返信メールのフォーマット設定
    「予約申請者に対しての確認メール」、「管理者へのメール」、「予約の承認メール」、「予約申請の棄却メールのフォーマット」を設定できます。予約の承認(または棄却)ボタンを押すと、設定したフォーマットでメール通知を自動で行える為、わざわざ個別にメールを作成する必要がありません。
  • 定休日の設定
    定休日があり、予約を受け付けていない曜日がある場合に設定するオプション。設定は「月曜日~日曜日」から選べます。
  • 営業時間の設定
    営業時間(予約受付時間)を設定できます。
  • 定休日&営業日時、営業時間の例外設定
    上記定休日以外の特別なお休みを設定できます。
  • 事前予約の制限
    「制限無し」、「一日前」、「1週間前」、「2週間前」、「30日前」、 「90日前」から選択で設定可能できます。
  • 直前予約の制限
    「予約は1時間前までに制限したい」といった場合のオプションです。「制限無し」、「15分前」、「30分前」、「45分前」、「1時間前」、「前日まで」から選択できます。
「予約の際、メニュー(コース)を設定させたい」といった場合、有料アドオンが提供されています。カスタムフィールドを使い、入力事項を追加可能といった仕組みです。予算がない場合は標準で用意されている「備考」を入力できるテキストエリアがあるので、代用するといった運用も可能です。

空席状況を把握しずらいのが難点か?

このプラグインには、店の「許容量」という概念がありません。例えば「2人掛けのテーブルが20席で、時間ごとに予約出来るのは40人まで」といった制限がないという事です。時間帯ごとの予約人数に応じて、予約受付の制限をシステムが自動的に行うという仕様ではない為、運用の際に考慮が必要です。

ちなみに、手動で「この時間帯(またはこの日)はいっぱいだから予約受けるのやめよー」といった制限は行えます。

手動で設定する場合は、Booking Scheduleタブの「Exceptions」から日付と、時間を選択しましょう。

booking2

 

予約システム公式拡張アドオン

既に触れた通り、拡張プラグインが用意されています。特に便利そうなのは、「予約の入力カスタムフィールド追加」アドオンです。使い方は自由ですが、例えば禁煙席・喫煙席、アレルギーの確認、コースの選択、利用の用途(合コン、通常の食事、サプライズなイベント等)なんかで使えそうですね。ちなみにこのアドオンは30USDだそうです。

このアドオン以外にも、予約の情報を「エクセル・CSVファイルに出力する」アドオンもあるようです(こちらの料金は20USD)。



LINEで送る
Pocket



この記事の関連記事