副業ブログ

【レビュー】キーワードスカウターST | 感想とネットの口コミを合わせて紹介【本当に効果があるかの結果を公表】

SWELLの口コミ・評判をまとめてみた【有料テーマのメリット・デメリットを購入前に調査】
初心者

  • キーワードスカウターSTが気になる。
  • アフィリエイトで使えるレベル?
  • どんな機能があるの?
  • 選定したキーワードで、ほんとうに検索上位に表示させる?
    SEOの効果は?

 

有料ツールって効果があるなら買ってもいいけど、お金を無駄にしたくないですよね?

 

じつは私、キーワードスカウターSTを実際に購入してブログ運営をしています。

アフィリエイトブログで、どれくらいの結果が出たかを含めてキーワードスカウターSTをレビューします。

 

このブログの著者

 

目次

レビュー:キーワードスカウターSTってどんな機能があるの?

キーワードスカウターSTってどんな機能があるの?

 

レビューの前に、サラッとキーワードスカウターSTの機能について紹介します。

 

キーワードスカウターSTの機能

  • キーワード選定機能
  • 競合キーワード調査
  • ライバルチェック機能

 

それぞれ解説します。

 

 

キーワード選定機能

 

「このキーワードがよく検索で使われているよ!」とキーワードを示してくれる機能です。

キーワードスカウターSTで「銀座 レストラン」で調べてました。実際の画面です↓

 

キーワードスカウターSTの実際の画面

 

 

表示されたキーワードの一例

  • 銀座 レストラン おしゃれ
  • 銀座 レストラン 個室
  • 銀座 レストラン 誕生日
  • 銀座 レストラン 閉店 コロナ
  • 銀座 レストラン ランチ
  • 銀座 レストラン 安い
  • 銀座 レストラン ランキング
  • 銀座 レストラン街
  • 銀座 レストラン 食べログ
  • 銀座 レストラン 人気
  • 銀座 レストラン 高級
  • 銀座 レストラン 子連れ

 

 

どんなキーワードで書いていいか分からない人向けの機能です。

表示されるデータは、キーワードスカウターSTで検索エンジンをスキャンして取得できる最新データです。

 

17組のキーワードを取得するのに、5秒程度の時間がかかりました。

 

ストレスを感じないスピード感でした。

 

 

 

 

競合キーワード調査

 

ブログを書く前に、キーワードが競合している記事数をチェックする機能です。

キーワードを選んで記事を書いても、同じキーワードを狙っている人が多いと検索の上位に表示されません。

 

それを回避するために、事前に競合の数をチェックする機能です。

 

キーワードスカウターSTを使わないにしても、競合を事前にチェックするのは必須の作業です。

 

メチャクチャ重要です。

 

キーワードスカウターSTで競合をチェックした画面です↓

 

キーワードスカウターSTで競合をチェックした画面

 

 

 

赤線の「AllinTitle件数」が、競合の数です。

1番上の「銀座 レストラン」は53,400件も、競合がいます↓

 

結果を表示

 

 

 

その次は「銀座 レストラン 人気」は6,380件。

競合が多すぎます↓

 

キーワードスカウターで調べて結果

 

 

こういった競合数を記事を書く前に調べることができます。

競合数が多いキーワードで記事を書いても時間の無駄です。

 

「このキーワードは競合が多くで書いても無駄」と分かるのが、キーワードスカウターSTのいいところです。

競合を調べず記事を書いたら、数時間ムダになります。

その時間を使って、別の記事を書くべきです。

 

 

一番競合が少なくて「5件」。

データを見ると5件しか競合がいないキーワードを見つけました↓

 

キーワードスカウターでの競合調査

 

競合がいないキーワードは記事を書けば、当然検索の上位に表示されやすくなります。

検索順位は相対評価。

他にライバルがいなければ、自分のブログ記事が上がりやすくなります。

 

貴重な時間をムダな記事作成に使わなくても済みます。

 

 

ライバルチェック機能

 

グーグルの掲載順位は、ブログの収益に直結します。

自分より上に掲載されれているライバルがなぜ自分より上位にいるのかを確認するのはブログ運営で必須の作業です。

 

ライバルサイトのチェックはアフィリエイトでは必須。

 

キーワードスカウターSTにはライバルをチェックできる機能が付いています。

私は2つの方法でライバルサイトをチェックしています。

 

  • ライバルサイトを徹底調査
  • トップ10サイトをサラッとチェック

 

 

ライバルサイトを徹底調査

キーワードスカウターStライバルチェック

 

同じジャンルの競合サイトのチェックする方法です。

キーワードスカウターSTを使うと以下の数値を確認できます。

 

  • 被リンク数
  • 実被リンク数
  • MozRannk平均
  • Page Authority
  • Domain Authority

 

hrefsなどのツールだと、無料で利用できる回数に制限があるスキャン機能です。

 

ライバルサイトだけでなく、自分の運営サイトのデータも取得できます。

 

ライバルサイトと比較して表示すると、違いがハッキリします。

 

 

 

トップ10サイトをサラッとチェック

ドメインパワーをチェック

 

狙っているキーワードのライバル記事のトップ10を調べることが出来ます。

特定のライバルをドメインで指定するの方法ではなく、キーワードで競合するライバルトップ10を一覧で比較できます。

 

この機能、本当に便利

 

トップ10サイトのドメインパワー(Domain Authority)を見るのが1つのポイントです。

上位サイトに強力なライバルがいなければ、競合するライバル数が多くても勝てる可能性が高いからです。

ミドルワードのキーワードで上位を取れるかもしれない場合、全力で記事の執筆に労力を投入する決断ができます。

 

 

「競合が多いから避ける」のではなく、「競合は多いけど勝てる」なら記事を投稿するというアプローチが増えます。

 

成約に近い「商品名+口コミ」「商品名+ランキング」といった、ミドルワードを狙えます。

 

 

 

 

キーワードスカウターSTを使った効果

キーワードスカウターSTを使った効果

 

初心者
キーワードスカウターSTで選定したキーワードで、本当に上位に表示されるの?

 

こんな疑問ありますよね?

じっさいに私がブログ運営にキーワードスカウターSTを使って、どんな成果が出たかを公表します。

 

 

特化ブログでの効果

 

わたしの運用している、特化ブログのデータです。

データは、グーグルの無料ツール「サーチコンソール」のもので、「掲載順位」複数のキーワードで「1位」をとれました。

 

キーワードスカウターの結果

 

5年以上運用している特化ブログで、ロングテールだけでなくミドルキーワードでも1位になっています。

 

特化ブログの戦略

  • ロングテール:競合しないキーワードで記事を書く
  • ミドルワード:ライバルがいても、ドメインパワーやをチェックし勝てそうなら挑む
  • ビック:記事を書かない

 

ココがポイント

特化ブログの収益方法は「アフィリエイト」です。

アドセンスのように、数多くのアクセスは必須ではありません。

特定の悩みを持った読者だけをブログに誘導できれば勝ちです!

その為に、ロングテールキーワード狙いが王道です。

 

 

 

 

雑記ブログでの効果:半年で月5万円~8万円のアドセンス収益

 

別ドメインで運用している雑記ブログのデータです。

こちらも複数キーワードで1位が取れました。

 

スカウターの結果

 

実はこのブログは、最近始めたばかり。2020年中旬から開始して運用歴が半年未満です。

このブログでも複数キーワードで掲載順位で1位を取得していて、アドセンスだけで月5万円程度発生するようになりました。

 

  • 運用期間:初投稿から半年程度
  • ブログジャンル:トレンド(雑記)
  • アドセンス収益:月5万円

 

ブログの内容はアクセス数が多そうなトレンドネタ多めの雑記ブログです。

 

トレンドでもライバルが多いのでキーワードスカウターSTで競合記事をチェックしながら書いています。

トレンド系はアクセス数が多いのでアドセンスでも月5万円~を稼ぐことはそれほど難しくありません。

 

特化と比べると、ミドルワードで十分上位が狙えるのでキーワードスカウターSTとは相性がいいなと感じています。

 

【図解】キーワードスカウターSTの購入方法について

COMPASSのURL解析手順
【図解】キーワードスカウターSTの購入方法とパソコンへのインストール手順を解説

初心者キーワードスカウターSTの購入方法を知りたい、どこから買えばいいのか?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、キーワードスカウターSTの購入の仕方を画像を使い解説 ...

続きを見る

 

 

キーワードスカウターSTのデメリット

キーワードスカウターSTのデメリット

 

長期間キーワードスカウターSTを利用しています。

メチャクチャ良さそうなツールですが、キーワードスカウターSTにはデメリットがあります。

 

キーワードスカウターSTのデメリット

  • 公式ページが怪しい
  • ネット回線が遅いとデータ表示に時間がかかる
  • 記事を自分で書く必要がある

 

 

公式ホームページが怪しい

 

実際にキーワードスカウターSTの公式ページを見てみると分かります。

ブルーオーシャンにかけて、背景が海。。。

 

なんか怪しい雰囲気です。

 

昔よく見た高額な情報教材を販売しているサイト的なイメージです。

 

Twitterのタイムラインでも同じような印象を持っている人がいました。

 


やっぱり私だけじゃなかった。

 

ランディングページはあまり良い印象を持ちませんでしたが、カートから先は普通のページです。

クレジットカードで普通に購入できました。

 

 

 

ネット回線が遅いとデータ取得に時間がかかる

キーワードスカウターSTの実際の画面

 

キーワードスカウターSTは、グーグルとヤフーのデータをチェックしにいきます。

パソコンのネット環境が遅いと、データの読み込みに時間がかかることがあります。

気の短い人だと、イラっとするかもしれません。

 

データ取得時間の目安

20組ぐらいのキーワード:約5秒

100組ぐらいのキーワード:約30秒

 

混んでいるネットカフェで試した時には、この3倍ぐらい時間がかかりました。

 

 

ちなみにキーワードスカウターSTを稼働している間、パソコン上で他の作業は出来ます。

ブログ記事の準備をしたり、ネット検索して時間を効率的に使えばOKかなと思います。

 

ネット回線以外にも使っているパソコンのスペックにも依存します。

 

私は3年前に買った安いWindowsノートパソコンを使っています。

特にストレスは感じない表示速度です。

 

 

 

記事は自分で書く必要がある

 

キーワードスカウターSTは競合チェックツールです。

キーワード選定、ライバルの状態をデータで示してくれるだけ。

 

キーワードスカウターSTで発掘したキーワードをもとに、自分でブログ記事を書く作業があります。

 

見出しはどうする」、「本文はどうする」、そういったのはツールの仕事ではありません。

マニュアルで記事を書く作業が楽になることはありません。

 

当たり前な話です

 

 

 

キーワードスカウターSTのメリット

キーワードスカウターSTのメリット

 

キーワードスカウターSTのメリットについてです。

機能のレビューで紹介した以外の内容で、いくつか感じた点です。

 

 

買い切りタイプ・月額料金なし

 

キーワードスカウターSTの価格は、4,980円(税抜き)。

一回お金を支払ったら終わりの買い切りタイプ。

 

SEOのツールは高額なものが多いです。

しかも月額料金の発生するサブスクリプションタイプが多数。

サブスク系は、解約の仕方が分からなかったり長期縛りがあるのでちょっと不安。

 

キーワードスカウターSTは最初に払ったら月額料金や追加料金は発生しないので安心して長期利用できます。

 

当たり前のようで意外とデカいメリット。

 

 

 

メーカー保証の無償アップデート

 

「長期で使えるか?」は重要なポイントです。

 

キーワードスカウターSTは、パソコンにインストールするソフトウェアです。

ヤフーやグーグルの仕様変更があった場合に、使えなくなるのかなという不安がありました。

 

初心者
せっかく買っても、将来使えなくなったらお金の無駄。

 

月額料金のない買い切りタイプなので、大丈夫なのか心配していましたが、

 

公式ページ上に無償アップデートで対応すると明言してあります。

 

 

キーワードスカウターSTを購入した際にダウンロードした、マニュアルにも明記してあるので安心です↓

 

仕様変更時の無償対応

 

 

 

サブスクでないのに、無償対応はエライ。

 

 

 

キーワードスカウターST利用者の口コミ

キーワードスカウターST利用者の口コミ

 

気になるキーワードスカウターST利用者の口コミをチェックしてみました。

 

 

ツイッター上でのキーワードスカウターSTの口コミ

 

ツイッターのタイムラインで検索してみました。

 

悪い口コミ・レビューコメント

 

1年分チェックしましたが、ネガティブなコメント・悪い感想は1件だけでした。

コチラのコメントは、キーワードスカウターを使っている際にパソコンが固まってしまったとう内容です。

 

パソコンのスペック依存するので、事前に使っているパソコンで利用できるか確認が必要ですね。

 

 

 

良い口コミ・レビューコメント

 

キーワードスカウターが役に立ったという趣旨のコメントが目立ちます。

 

買ってみた!というツイート

 

 

 


ブログ運営直後からキーワードスカウターSTを使っているユーザーさんもいました。
アドセンスで月10万ほど稼ぐほどの成果があがっているそうです。

 

 

 

 

キーワードスカウターSTはこんな人向けのツール

キーワードスカウターSTはこんな人向けのツール

 

キーワードスカウターSTは、ブログ運営で以下のような悩みがある人向けのツールです。

 

 

「キーワードって何?どうやって選べばいいの?」という初心者向け

 

ブログ運営で一番大事なことはSEOです。

SEOの基本は「キーワード選定」。このキーワード選定がうまい人は稼げます。

逆にキーワード選定がヘタな人は、どれだけ記事を書いても成果はあがりません。

 

ブログ初心者だと、キーワードの選び方が分からずひたすらムダに時間を使ってしまいます。

 

初心者だから当然。みんな通る道です。

 

キーワードスカウターSTは自分のブログ運営にあうキーワードを選定してくれます。

どんな風にキーワードを選んでいいか分からない初心者には神ツールといえます。

 

キーワードスカウターSTの画面はシンプルです。

初心者でも操作に迷うことはありません。

 

 

 

副業ブロガーなど、忙しい人向け

 

ズバリ時間を節約したい人向けです。

キーワードスカウターSTを使うと、キーワード選定の時間がメチャクチャ時短できます。

 

時短できる作業

  • キーワード選定
  • 上位サイトのチェック
  • 競合キーワードのチェック

 

どれもブログ運営で必須の作業です。

 

関連キーワードぐらいなら無料ツールで取得できます。

私もラッコキーワードツール(旧関連キーワード取得ツール)ユーザーでしたが、いちいち無料のツールでデータを集めてくるより、ツールで一発取得したほうが効率的です。

 

サラリーマンの人でスキマ時間や、仕事が終わった後の限られた時間にブログを書いている人にとっては相当な神ツールになるでしょう。

 

キーワード選定を時短して、効率的に記事を書きたい人向け

 

 

 

 

 

キーワードスカウターを買ってメチャクチャ後悔した

上位機種のCOMPASS(コンパス)を購入すれば良かった

 

キーワードスカウターSTを使って成果がでましたが、後悔した点が1つだけあります。

なぜ上位ソフトのCOMPASS(コンパス)を買わなかったのか!

 

キーワードスカウターSTには、上位版のCOMASS(コンパス)というソフトがあります。

どちらも同じ開発会社が販売しています。

 

 

キーワードスカウターSTとCOMPASSの違い?

 

キーワードスカウターSTでできることは、全てCOMPASSでサポートしています。

違いは「検索の順位チェック機能」がCOMPASSに付いている点です。

 

「キーワードスカウターST」+「検索の順位チェック機能」 = COMPASS

 

 

では検索の順位チェックって何だ?って話です。

 

稼いでいるブロガーならみんな使っている、GRCやRank Trackerと同じ機能です。

GRCやRank Trackerを知らない人向けに解説します。

狙っているキーワードで自分の記事が何位なのかを自動でチェックしてくれるツールです。

 

 

データで見るキーワードスカウターSTとCOMPASSの違い

 

キーワードスカウターST、COMPASSともに同じ会社の製品です。

両ツールの比較表です。

キーワードスカウターST COMPASS
キーワード選定機能
ライバルチェック機能
サイト順位チェック機能 ×
対応OS Windows Mac,Windows
価格 4,980円(税抜き価格) 7,980円(税抜)
発売日 2014年6月 2015年10月
販売サイト 公式サイト 公式サイト

 

COMPASSのほうが発売時期が後で、サイト順位チェック機能がついています。

キーワードスカウターSTはWindowsのみで使えます。COMPASSはWindows、Mac両方に対応しています。

 

料金はキーワードスカウターSTのほうが3千円安いです。

両ツールともに、買い切りタイプ。サブスクタイプのツールではありません。

 

キーワードスカウターSTはWidows専用だから安い」と勘違いして購入しちゃいました。

 

収益化目的のブログ運営ならサイト順位チェック機能はないと後々苦労します。

いずれGRCや、Rank Trackerなどの有料ツールを年間1万円以上払ってサブスク契約するなら、たった3千円多く払ってCOMPASSを購入すれば良かったと後悔しています。

 

 

【競合調査ツール】コンパスの購入方法について

グループ機能
COMPASSの購入方法を図解で解説【SEOツールでブログ記事の競合調査を時短】

  初心者ブログ記事の競合を調査するCOMPASSの購入方法を知りたい。どこで買えばいいの?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、COMPASS(コンパス) ...

続きを見る

 

 

【図解】キーワードスカウターSTの購入方法について

COMPASSのURL解析手順
【図解】キーワードスカウターSTの購入方法とパソコンへのインストール手順を解説

初心者キーワードスカウターSTの購入方法を知りたい、どこから買えばいいのか?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、キーワードスカウターSTの購入の仕方を画像を使い解説 ...

続きを見る

 

 

 

 

 

MacユーザーはCOMPASS一択

Macユーザー版はCOMPASS(コンパス)

 

今回レビューしたキーワードスカウターSTは、Windows用です。

Macでは利用できません。

Macユーザー向けには、COMPASSという商品名でキーワードスカウターSTの開発会社が販売しています。

 

 

COMPASSの販売サイト

 

公式サイト COMPASS販売ページ

COMPASSの購入方法については以下の記事で解説しています。

基本機能については今回紹介したキーワードスカウターSTと同じですが、COMPASSには検索順位チェック機能がついています。

 

【競合調査ツール】コンパスの購入方法について

グループ機能
COMPASSの購入方法を図解で解説【SEOツールでブログ記事の競合調査を時短】

  初心者ブログ記事の競合を調査するCOMPASSの購入方法を知りたい。どこで買えばいいの?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、COMPASS(コンパス) ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

キーワードスカウターSTのまとめ
競合調査ツールの定番「キーワードスカウターST」のレビューでした。

私が試した有料のSEOツールの中で、コスパ最高のツールでした。

 

キーワードスカウターST機能

  • キーワード選定機能
  • 競合キーワード調査
  • ライバルチェック機能

 

キーワードスカウターSTはおススメですが、上位互換ソフトのCOMPASS(コンパス)のほうが検索順位チェック機能がついているのでコスパが良いです。

価格が3千円ほど高くなりますが、その機能のある有料ツールを追加購入するよりかなりお得です。

 

こんな人向け

  • 副業ブログでお金がかせげない
  • キーワードの選び方が分からない
  • 検索エンジンでサイトが上位に表示されない
  • 同業者のサイトが自分より上で理由が知りたい

公式サイト COMPASS販売ページ

公式サイト キーワードスカウター販売ページ

 

それぞれのツールの購入方法を図解した解説記事を用意しました。
ツールのインストールにはコツがあります。記事では、画像を多めに使いツールの購入・受け取り方を解説しています。

ツールの購入や設定方法が不安な方はご覧ください。


【競合調査ツール】コンパスの購入方法について

グループ機能
COMPASSの購入方法を図解で解説【SEOツールでブログ記事の競合調査を時短】

  初心者ブログ記事の競合を調査するCOMPASSの購入方法を知りたい。どこで買えばいいの?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、COMPASS(コンパス) ...

続きを見る

 

【図解】キーワードスカウターSTの購入方法について

COMPASSのURL解析手順
【図解】キーワードスカウターSTの購入方法とパソコンへのインストール手順を解説

初心者キーワードスカウターSTの購入方法を知りたい、どこから買えばいいのか?   そんなお悩みを解決します。   この記事では、キーワードスカウターSTの購入の仕方を画像を使い解説 ...

続きを見る

 

 

 

 

サイト内検索

-副業ブログ
-

© 2021 副業ブログ