副業ブログ

【無料で作成】ワードプレスでネットショップの始め方

GRCライセンスの購入手順

 

無料で作るネットショップの始め方を解説します。

 

こんな方におすすめの記事

  • 知識ゼロでもOK。ネットショップを始めてみたい
  • クレジットカードなどの決済機能も付けたい
  • 作った後は、自分で管理したい
  • 毎月の固定費用はかけたくない

 

そんな人向けにワードプレスのネットショップの始め方を解説します。

既にワードプレスでサイトを持っている人、まだワードプレスでサイトを作っていない人の両方向けに具体的な方法を紹介していきます。

 

初心者の人におススメなのは「BASE」という無料のネットショップサービスです。

 

 

 

BASEとは?BASEの概要について

 

BASEとは?BASEの概要について

出典:BASE

 

まず「BASE」の読み方はベイス。

BASEはネットショップ機能を使えるウェブサービスです。

なんといってもBASE最大のメリットは、「初期費用、月額料金が無料」という点です。

 

商品が売れた際の手数料、現金受け取りの際の事務手数料がその都度発生するという仕組み。

仮に全く売れなかった場合、毎月の固定料金といった無駄なお金は一切かかりません。

 

ネットショップに挑戦してみたいけど、売れるか不安だという人には安心の料金システムです。

 

 

 

BASEを使ったネットショップ運用時の費用

BASEを使ったネットショップ運用時の費用

 

BASEでネットショップを作る際の料金についてです。

 

料金例:ワードプレスサイトを持っている人

 

既にワードプレスでサイトを運営している人用です。

 

BASEの料金

初期費用 無料
月額料金 無料

 

初期費用だけでなく、毎月の固定費もありません。

商品販売時や、売上金の引き出し手続きといったタイミングで事務手数料が発生します。

 

 

 

料金例:ワードプレスのサイトを持っていない人

 

集客用にワードプレスサイトを利用する場合の料金例です。

 

BASEの料金

初期費用 無料
月額料金 無料

 

商品販売時や、売上金の引き出し手続きといったタイミングで事務手数料が発生します。

 

 

ワードプレスの料金

初期費用  0円~3,000円
月額料金 500円~1,000円

 

ワードプレスの運用にはレンタルサーバーが必要です。

レンタルサーバー会社ごとに料金は異なります。

個人ユーザーの場合だと初期費用が高くても3,000円、月額は1,000円が目安です。

 

有料テーマを使う場合は、初期費用が1万円増といってところです。

 

ワードプレスでのサイトは外注せずに作ることもできます。

外注せずに自分でサイトを立ち上げたい人は、以下の記事で詳しく解説しています。

 

レンタルサーバーの申し込み方法とワードプレスインストール手順を解説

検索順位チェックツールの必要性
エックスサーバーの申し込み方法とワードプレスインストール手順を解説

  ワードプレスでの副業ブログ 今回は、「レンタルサーバーの申し込み方法」「ワードプレスのインストール方法」について解説します   こんな方におすすめの記事 初めてレンタルサーバー ...

続きを見る

 

 

 

 

BASEの申し込み方法

BASEの申し込み方法

 

BASEの申し込み方法について解説します。

申し込み作業は3分程度です。

 

BASEは無料です。とりあえず登録して、どんな感じかをチェックできます。

 

申し込みの流れ

 

BASE申し込み方法

 

まずは、BASEの公式サイトにアクセスします。

 

公式サイト BASE無料申し込みページ

 

公式ページに申し込みフォームがあります。

以下の情報を入力します。

 

フォームの入力項目

  • 自分のメールアドレス
  • ログイン用のパスワード
  • 希望するショップのURL(アドレス)

 

利用規約・プライバシーポリシーを確認したら「無料でネットショップを開く」をクリックしましょう。

 

申し込み

 

 

 

 

専用プラグインで作成する構成とBASEの違い

ワードプレスプラグインで作成する構成との違い

 

今回紹介したBASEは初心者でも、失敗せずにネットショップを始めることができる方法です。

 

ワードプレスでは商品を販売するネットショップを作る方法がたくさんあります。例えば、Welcartといった無料プラグインや、ECサイト専用テーマを使う方法です。

そういった方法と何が違うかを解説します。

 

BASEのメリット

  • ネットショップの初期設定でつまずかない
  • 固定費がゼロ
  • クレジット決済などの多様な決済機能がついている
  • サポートがある
  • トラブル発生時の解決がスムーズ

 

 

ネットショップの初期設定でつまずかない

 

BASEはネットショップの専門サービスです。

専用の画面から感覚的に設定を行うことができます。

 

初心者でも簡単に設定できる仕様の為、初めて自分のネットショップを始める人でも安心して利用できます。

 

 

固定費がゼロ

 

BASE最大のメリットは固定費が無い点です。

ワードプレでプラグインを使いネットショップを作る場合、クレジットカード等の決済代行会社と契約が必要になります。

ほとんどの決済代行会社で、毎月数千円の固定費がかかります。

 

BASEの場合、仮に売り上げがない月があれば損をすることがありません。

 

 

クレジット決済などの多様な決済機能がついている

 

ネットショップで成功する重要なポイントの1つが、利用者の望む決済サービスの有無です。

特にクレジットカード決済は必須です。

 

BASEは標準的にクレジットカードを含む豊富な決済方法が利用できます。

 

 

BASEの決済サービス

  • クレジットカード決済
  • キャリア決済
  • 銀行振り込み
  • コンビニ決済・Pay-easy
  • PayPal
  • 後払い

 

ワードプレス上でプラグインや専用のテーマを使いネットショップ作った場合、これら全ての決済手段を用意するの大変です。

クレジットカードでの決済を導入したい場合、別途クレジットカード決済代行会社との契約が必要です。

 

自前で決済方法を用意するのは大変です。

 

 

サポートがある

 

BASEは、サポートがあります。

自前でワードプレスとプラグインを使う場合、サポート付きの有料プラグインを購入しない限りそういったサポートは一切ありません。

 

プラグインや、使っているテーマに不具合があっても、自分でなんとかするしか方法はありません。

ネットショップ機能のプラグインは構造が複雑な為、問題が発生した場合に初心者が対応するのは現実的ではありません。

 

 

結論:初めてネットショップをする初心者には無料のBASEがおすすめ

個人で運用しているサイトや、中小企業でワードプレス専門のスタッフがいる場合を除きBASEがおすすめです。

ワードプレスで障害発生した際に、対応できるレベルの技術がない限り、安心して運用できるのがBASEです。

 

 

 

 

まとめ

まとめ

 

初心者向けに、ネットショップを作る方法を解説しました。

 

今回紹介した方法は、BASEというサービスを使う方法です。厳密にはワードプレス内に商品販売ページを作る方法ではありません。

公式 BASE(ベイス)

 

運用を考えた場合、WelcartなどのECサイト系プラグインや専用のテーマを使うよりシンプルです。

 

色んな方法でネットショップを作ることが出来ますが、あまりお金をかけたくない人やワードプレスに詳しくない人には最適な方法です。

 

ワードプレスを使った収益化について別記事で解説しています。ネットショップ以外の方法を探している人はぜひご覧ください。

 

副業ブログでお金を稼ぐ仕組み【初心者向けの解説】

GRCライセンスの価格・選び方・プランの違いを解説【SEO順位チェックツール】
副業ブログでお金を稼ぐ仕組み【初心者向けの解説】

  ワードプレスでの副業ブログ 今回は、「ブログでお金を稼ぐ仕組み」について解説します   こんな方におすすめの記事 副業ブログを始めてみたい 副業ブログでお金を稼ぐ仕組みを理解し ...

続きを見る

 

 

 

サイト内検索

-副業ブログ

© 2021 副業ブログ